WordPress

【Xserver】忘れたWordPressのパスワードをデータベースから新たに再設定する方法

まずいです!WordPressのパスワードが思い出せません… しかも登録したメールが使えなくてパスワードの変更ができません… どうしたら良いでしょう…?
大丈夫、そんなときはデータベースから直接パスワードを更新する方法がありますよ。
Taka

WordPressのログインパスワードをブラウザで自動で入力していたりすると、忘れてしまうことありますよね。

そんな時は、設定しているメール宛に変更メールを送ることもできますが、WordPressの情報が格納してあるデータベースから変更する事もできます。

今回は私が利用しているエックスサーバーを例にした手順を紹介いたします。





WordPressのパスワードをデータベースで直接変更する手順

phpMyAdminにログインする

まずはエックスサーバのサーバーパネルにログインしてくだい。

エックスサーバーのサーバーパネルのメニューから「phpmyadmin(MySQL5.7)」の項目をクリックします。

データベースのユーザー名とパスワードを入力しphpmayadminにログインします。

ここで入力するのはWordPressのログイン用ではなく、データベース用のログインIDとパスワードです。WordPressをインストールする際に控えてあるはずです。

忘れてしまった方はこちらの記事を御覧ください。

Xserverでユーザー名とパスワードを確認する手順
【ワードプレス】XserverでMySQLデータベースのユーザー名とパスワードを確認する方法

続きを見る

 

phpMyAdminでパスワードを変更する

ログイン時に入力したユーザー名と同じ名称のデータベースをクリックします。

タブの一番左の「データベース」をクリックします。

テーブル欄の「wp_users」という項目をクリックします。

この「wp_」は接頭辞といって、初期設定時に「wp_」以外のものを設定しているサーバーがあります。

その際は「■■users」のように末尾にusersが付く名称のものを探してみてください。

変更したいユーザーの「編集」をクリックします。

関数(function)をMD5にしてパスワードを変更

今回の作業で使用するのは、使うのは「user_pass」の「関数」と「値」の2箇所です。

関数は「MD5」を選択し、値には「任意のパスワード」を入力してください。

最後に「実行」を押したら完了です。

WordPressのログイン画面でログインできるか確認しましょう。

まとめ

データベースからのパスワード変更は作業自体は簡単です。

ですが、気がつかずに設定や内容を変えてしまったりすると、最悪の場合ワードプレスが正常に動作しなくなります。

この方法でパスワードを書き換える際は、最新の注意を払って行ってください。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人

taka

ブログ初心者の方にもわかりやすい記事作成を心がけています。 副業ブログでコツコツと収益を積み重ねながら地道にサイトを作っています。

-WordPress
-

© 2022 Taka Blog Powered by AFFINGER5