BLOG WordPress

reCAPTCHAでContact Form7経由のスパムメールをブロックする方法

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Contact Form 7」は問い合わせフォームの超定番プラグイン。

お問い合わせフォームを設置するために導入している方は多いと思います。

しかし、初期設定の状態でContact Form 7を利用していると、いずれ英語で書かれたスパムメール等が大量に送られてきます。

私の場合、一晩で1000通以上来ていたこともありました。

このようなBotの働きで送られてくる迷惑なスパムメールは「Google リキャプチャ(reCAPTCHA)」でブロックすることができます。

大量のスパムメールでお困りなら、この記事の手順で対策を実施してみてください。

Contact Form 7へのreCAPTCHAの導入はとても簡単ですので誰にでもできます。



reCAPTCHA(リキャプチャ)とは

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、グーグルが提供しているサービスで基本的な機能は無料です。

悪意のあるBot(ボット:自動化されたプログラム)によるWebサイトへの攻撃や不正利用を防ぐ認証システムのことです。

フォーム送信が人間かボットかを自動で判別し、ボットならフォーム送信をブロックしてくれます。

現在、最新バージョンとして「reCAPTCHA v3」が提供されています。

特に事情がなければ、最新バージョンのreCAPTCHA v3の導入をおすすめします。

reCAPTCHA(リキャプチャ)の導入方法

ContactForm7はreCAPTCHAに対応しているので設定はとても簡単です。

ステップは2つで、

  1. reCAPTCHAにサイトを登録
  2. ContactForm7にreCAPTCHAを設定

この2つだけです。

reCAPTCHAにサイトを登録する

Googleリキャプチャの登録画面を開いてください。

https://www.google.com/recaptcha/about/

上部のv3 Admin Consoleをクリックし登録画面を開きます。

ラベル
ラベルは任意で設定する名前なので何でもよいです。ブログ名などが良いでしょう。

タイプ
今回はreCAPTCHA v3を選びます。

ドメイン
自分のブログのドメインを入力。

オーナー
自分のGmailアドレス。

各項目に入力後、送信ボタンを押すと登録は完了です。

登録が完了するとサイトキーシークレットキーが表示されます。

この2つのキーはこの後コンタクトフォーム7の設定で使うのでウィンドウは開いたままにしておきます。

間違って閉じてしまっても、いつでも確認できるので安心してください。

ContactForm7で設定する

WordPress管理画面メニューの「お問い合わせ>インテグレーション」で設定画面を開き、reCAPTCHAの欄のインテグレーションのセットアップを押します。

空欄にサイトキーシークレットキーを入力し「変更を保存」します。

設定保存後に「reCAPTCHAはこのサイト上で有効化されています。」が表示されていれば完了です。

  • この記事を書いた人

taka

ブログ初心者の方にもわかりやすい記事作成を心がけています。 副業ブログでコツコツと収益を積み重ねながら地道にサイトを作っています。

-BLOG, WordPress

© 2022 Taka Blog Powered by AFFINGER5