WordPress

MAMPでパソコン上にWordPress(ワードプレス)をインストールして動作させる方法

WordPressってパソコン上で動かすことってできるんですか?
MAMPという無料ツールを利用すれば自分のパソコンでWordPressを動作させられますよ。
Taka
パソコンにあまり詳しくないんですが、私でもできますか?
MAMPは専門的な知識がなくても、簡単な設定だけでWordPressを動作させることができますよ。
Taka


MAMPとは

MAMP(マンプ)とは、WEBサーバーやデータベースをパソコンの中に構築することで、本来サーバー上で動作するサービス(プログラム)をパソコン上で動作させることができる無料のアプリです。

簡単に説明するためにあえて極端にいうとレンタルサーバー環境を自分のパソコンの中に作ることができます。

MAMPは、Mac(OS)、Apache(WEBサーバー)、MySQL(データベース)、PHP(プログラミング言語)の頭文字をとったものです。

もともとはMacOS向けに作られましたが、現在はWindows環境でも動作します。

このMAMPを使うことで、本来サーバー上で動作するWordPressをパソコン上で動作させて、レンタルサーバーの契約以前でもPC上でブログの制作ができるようになります。

また、稼働中のブログで大規模な改修を行いたい場合や、テーマを変更しデザイン変えたりしたい場合、ブログをメンテナンス中とかリニューアル中のような停止状態にすることなくローカル環境(PC上で)で作業が可能になります。

パソコン内にサーバー環境が出来上がるため、PHPプログラミングの環境としてもMAMPはおすすめです。

ちなみにWordPressはPHPというプログラム言語でつくられています。

では早速 MAMP と WordPress のインストールを始めましょう。
Taka

MAMPのインストール

MAMPのインストールは難しくありません。

以下の手順で進めていきます。

  1. MAMPのダウンロード
  2. MAMPのインストール
  3. MAMPの初期設定

MAMPを公式サイトからダウンロードする

まず最初にMAMPの公式サイトからMAMPのインストールファイルをダウンロードします。

 

 

公式サイトを開いたらページ上部の Free Download をクリックします。

MAMPのダウンロード画面に移動したら、お使いのOSに合わせてインストーラーをダウンロードします。

Macの場合はプロセッサがintel製かApple製かで異なりますのでご注意ください。

わからない場合は、デスクトップ画面左上のリンゴマークから「このMacについて」を選択すると確認できます。

インストーラーをダウンロードしたら、ダブルクリックで開きましょう。

MAMPをPCにインストールする

次は、MAMPを自分のPCにインストールする作業です。

インストーラーを開いたら、MAMPのインストールまでの案内が始まります。

「はじめに」の画面が出たら、「続ける」をクリックします。

「大切な情報」の画面でも「続ける」をクリックします。

「使用許諾契約」の画面でも「続ける」をクリックします。

使用許諾について聞かれています。「Agree」をクリックします。

インストールの種類では、そのまま「インストール」をクリックします。

OSにインストールを許可してください。

インストールが完了するまで待ちましょう。

インストールが完了したら「閉じる」でウィンドウを閉じてください、

これでインストール作業は完了です。

MAMPの初期設定

次に、インストールしたMAMPを起動し初期設定を行います。

Finderなどで アプリケーションの中のMAMPフォルダを開き、その中のMAMP.appアイコン(グレーのアイコン)をクリックします。
※MAMP PROは有料版ですので「MAMP」のフォルダを選んでください。

Preferencesをクリックして設定画面を開きます。

Portsのタブを選択し、80 & 3306 のボタンをクリックしたらOKボタンをクリックし設定を保存します。

これでMAMPの準備は完了です。

WordPressをパソコンにインストールする

次はWordPressをパソコンにインストールしていきましょう。

  1. データベースMySQLの設定
  2. WordPressのダウンロード
  3. WordPressのインストール

データベースMySQLの設定

WordPressの動作させるためには、データベースというデータの保管場所が必要です。

ブログの文章や写真は、このデータベースに保管され、必要に応じてWordPressが読み込み表示させる仕組みです。

「Start」をクリックしサーバーを起動させます。

しばらくするとサーバーが起動し、同時にMAMPのWebページがブラウザで開きます。
もし開かない場合は「Web Start」をクリックしてください。

「Tools」から「phpMyAdmin」を選択します。

phpMyAdminが起動したら「Database」のタブをクリックします。

この画面で新しくデータベースを作成します。

ここでは「test01_db」としていますが、データベースの名前は任意で決められます。

文字コードは「utf8_general_ci」を選択し作成をクリックします。

データベースが作成されていれば、このエリアに先程入力したデータベース名が表示されます。

これでデータベースの設定は完了です。

WordPressをダウンロードする

まずはWordPressの公式サイトからインストールデータをダウンロードしてください。

公式ダウンロードサイトはこちら

 

WordPressのインストール

ダウンロードしたzipファイルを解凍するとWordPressのデータファイルが入ったフォルダができます。

このフォルダ名を任意の名前に変更します。
今回は test.com としていますが、どんな名前でも構いません。

名前を変更したフォルダを、MAMPフォルダの中のhtdocsに追加します。

MAMPのWEBページの「My Website」をクリックします。

htdocsの内容が表示されているので、先程入れたフォルダと同じ名前のリンクをクリックしてください。

Webブラウザをのアドレスバーに localhost/フォルダ名(今回は localhost/test01.com ) と入力してエンターキーを押してもOKです。

WordPressのインストール画面が開きますので「さあ、始めましょう!」をクリックします。

データベース名
test01_db ※先ほどの手順で作成したデータベース名

ユーザー名
root

パスワード
root

と入力して「送信」ボタンをクリックします。

データベースのホスト名とテーブル接頭辞の欄はそのままでOKです。

インストール実行を押します。

サイトのタイトル
ブログ名を入力します。

ユーザー名
ログインする際に必要です。アカウント名と考えてください。

パスワード
実際に使用するブログの場合は、セキュリティを考慮した複雑なものにしてください。

「WordPressをインストール」をクリックします。

これでWordPressのインストールは完了です。

ログインボタンを押してログインしてみましょう。

WordPressへのログイン

ConoHaWINGの申し込み手順

WordPressのログイン画面でユーザー名パスワードを入力してログインします。

ログインが成功し、ダッシュボード(管理画面)が表示されれば正常にWordPressがインストールされています。
※画像はVer5.9のものです。

今後ログイン画面にアクセスする場合は、MAMPを起動させてからブラウザのアドレスバーに、

localhost/フォルダの名前/wp-admin/ と入力すれば、ログイン画面が開きます。
※この記事の場合は localhost/test01.com/wp-admin/ になります。

ダッシュボードのページをブックマークしておくと便利です。



さいごに

MAMPはWordPressをローカル環境で扱うことができるようになる便利なツールです。

事前にテスト環境で動作確認することもできるため、WordPressをカスタマイズしたい場合は必須のツールです。function.phpを編集する際など、失敗するとWordPressが動作しなくなってしまうような編集の際はぜひ活用しましょう。

またWordPressをまるごとバックアップしておくことにもなりますので、慣れてきたらぜひ導入してみてください。

【WordPress】All-in-One WP Migrationでブログをまるごとバックアップする方法 復元方法も解説します

続きを見る

  • この記事を書いた人

taka

ブログ初心者の方にもわかりやすい記事作成を心がけています。 副業ブログでコツコツと収益を積み重ねながら地道にサイトを作っています。

-WordPress

© 2022 Taka Blog Powered by AFFINGER5