BLOG

初めてでもできる! GoogleアカウントとGメールを同時につくる手順



Googleアカウントって何?

アカウントとは、ざっくり言えばインターネット上で何かのサービスを使うための会員契約のようなものです。

Wikipediaに記載されています。

参考

コンピュータ用語でのアカウント (英:account) は、ユーザーがネットワークやコンピュータやサイトなどにログインするための権利のことである。ユーザーに割り当てられたアカウントをユーザーアカウントとも呼ぶ。

引用:Wikipedia

もう少し詳しく言うと、アカウントとは必要な個人情報を登録することでインターネット上のサービスが利用できるようになる権利のことをいいます。

ですから「Googleアカウント」とは「Googleが提供するサービスを利用するための権利」ということになります。

よく知られる代表的なサービスとしては、GmailGoogleドライブYoutubeなどがあります。

WEBサイトの運営をしている場合は、Google AnalyticsSearch ConsoleAdSense などもおなじみのサービスです。

Googleが提供するサービスを詳しく知るなら こちら を御覧ください。

Googleアカウントの新規作成の手順

今回は初めてGoogleアカウントをつくる方に向けて解説します。

尚、Googleアカウントをつくるにはメールアドレスが必要ですが、今回は GmailアドレスGoogle アカウント を同時につくります。
記事の手順が終わった頃にはGmailアドレスと、Googleアカウントが出来上がっています。

GmailアドレスをつくることとGoogleアカウントをつくることは実質おなじ意味になります。
もしあなたが今現在Gmailを利用しているなら、すでにGoogleアカウントを持っていますのでこれからの作業は不要です。

では、早速始めましょう。

アカウント作成はこちら

上のボタンをクリックして、アカウント作成ページを開いてください。

はじめてのGoogleアカウントの作り方

画面右上の「アカウントを作成する」をクリックします。

氏名を入力し、希望のユーザー名を入力してください。ここで入力したユーザー名が自動的にメールアドレスになります。

仮に google と指定すると、メールアドレスは google@gmail.com となり、 Google アカウントのユーザー名は google@gmail.com となります。

ユーザー名は半角英数字と記号の組み合わせで8文字以上で入力してください。

尚、ユーザー名は一度決めると変更できません。

スマートフォンの電話番号を入力して「次へ」をクリックすると、6桁のコードが送られてきます。

ショートメッセージで届いた6ケタの数字を入力して「次へ」をクリックします。

「生年月日」「性別」を入力して「次へ」をクリックします。

必須ではありませんが、再設定用のメールアドレスを入力しておけば、万が一Googleアカウントのパスワードを忘れてしまっても再設定用アドレスから復帰できます。あとからでも設定できるので省略しても大丈夫です。

また、13歳以下の方がアカウント登録するには、保護者のアカウントによるサポートが必要になります。

「プライバシーと利用規約をよく読み、同意できるなら「同意する」をクリックしてください。

これでアカウント作成は完了です。

ログインした際に、このような画面が表示されれば無事にGoogleアカウント登録の完了です。

Googleアカウントはとても便利なサービスを無料で提供しています。

ぜひ活用してみてください。

 

今回はGmailアドレスと Google アカウントを同時作成する方法を紹介しました。

 

  • この記事を書いた人

taka

ブログ初心者の方にもわかりやすい記事作成を心がけています。 副業ブログでコツコツと収益を積み重ねながら地道にサイトを作っています。

-BLOG

© 2022 Taka Blog Powered by AFFINGER5