Twitter

【Twitter】親しいメンバーにだけにツイートできる「Twitterサークル」の使い方

Twitterは、特定のグループにだけツイートする新機能「Twitterサークル」が追加されました。

8月31日から世界中で提供が始まったばかりの新しい機能です。

この機能により特定のメンバーにだけあなたのツイートを投稿することができるようになります。

この記事ではTwitterサークルの機能と使い方を解説しています。

公式HELPはこちらから
https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-circle



Twitterサークルとは

Twitterサークルは、自分のツイートを見せる相手を選び、その人とだけツイートの共有ができる機能です。

自分がフォローしていないアカウントを含む、すべてのTwitterアカウントを追加することが可能です。

作成できるTwitterサークルは1アカウントにつき1つのみです。複数のサークルを作ることは出来ません。

サークルには最大150人までメンバーを追加でき、誰をサークルに入れるかはユーザーが自由に変更できます。

また、リストに変更を加えても他のメンバーには通知されません。

Twitterサークルの使い方

メニューに「Twitterサークル」が表示されていたら利用開始の合図です。

仮にメニューに表示されていなくても、ツイート作成画面で選ぶこともできるので、まずはツイートしてみましょう。

Twitterサークルを利用できるようになったユーザーは、ツイートを投稿するときに「通常の投稿」「サークルメンバーのみ」にするか選択することができます。

サークルメンバー向けの投稿は、ツイートの下に緑色のバッジが表示されるため、投稿がサークルメンバーにだけ表示されていることがわかります。また、サークルメンバー向けのツイートはリツイートできません。

尚、サークルメンバー向けの投稿位の場合は、メンバー以外のユーザーには投稿自体が表示されません。

公開アカウントでのサークルも、サークル内でのやりとりは非公開(サークル内のみでの公開)になります。

不本意なユーザーのTwitterサークルから抜けたい場合

Twitterサークルの特定のユーザーのツイートを表示させたくない場合は、以下の操作を実施することをおすすめします。

フォローを解除する

あなたをTwitterサークルに追加したユーザーを、あなたがすでにフォローしている場合、そのユーザーのフォローを解除することでそのサークルから自分を削除できます。

ただし、あなたがそのユーザーを再度フォローしない場合も、そのユーザーは自分のサークルにあなたを再度追加することができます。

ブロックする

ユーザーをブロックすることでそのサークルから自分を削除できます。

他のブロックの場合と同様に、そのユーザーのコンテンツはあなたのホームタイムラインに表示されなくなります。

あなたを自分のサークルに追加したユーザーのブロックを解除すると、そのユーザーはあなたを自分のサークルに再度追加できるようになります。

ミュートする

サークルのすべてのメンバーは、そのサークルのツイートを表示させたくない場合、その投稿者や会話をミュートできます。



まとめ

このように「Twitterサークル」は選択したメンバーと、より親密な会話ができるようになります。

  • 1アカウントにつき1つのサークルを作成可能
  • フォロワーに限らず全アカウントを追加できる
  • ツイートの相手を、フォロワー全員かサークルメンバーか選べる
  • サークルに投稿したツイートはリツイート不可
  • サークルに追加できるのは最大150人まで
  • 誰がメンバー担っているかは作った人しかわからない
  • 誰かを追加・削除してもメンバーには通知されない

 

スポンサー広告

  • この記事を書いた人

taka

ブログ初心者の方にもわかりやすい記事作成を心がけています。 副業ブログでコツコツと収益を積み重ねながら地道にサイトを作っています。

-Twitter

© 2022 Taka Blog Powered by AFFINGER5